仏壇

仏壇・仏間の正しい知識

わが国のごく普通の家庭におけるほとけ様のまつり方は、“床の間”に掛軸などに 描かれたご本尊を据え、香炉・花瓶・燭台等を並べ、お灯明を点して礼拝するのが一般的でした。
 やがて、仏像や経巻を安置する厨子が箱形へと変わり、上流階級から次第に庶民の家庭へ取り入れられる中で、仏様をまつる壇として、床の間と並べてつくられるようになりました。こうして現在の仏壇・仏間の基礎が確立されたのです。
 したがって、正しく仏壇を安置する為には、仏壇を安置する場所の下に地袋などをつけた仏間では、別注文寸法の仏壇や、台座のない小型仏壇を置くことになり、形も良くありませんので避けたいものです。
 とはいえ、生活様式が多様化し、家屋の設計もさまざまな現在、思いどおりの仏壇・仏間を設けることは難しいかも知れません。しかしながら、正しくおまつりしてこそ、ご供養の甲斐もあろうというもの。伝統につちかわれた基本にのっとり、礼拝の心にかなった静寂な場所、家庭の精神生活の中心とするのにふさわしい場所を選んで、先祖へのご供養と感謝の祈りを捧げたいものです。

仏壇購入の時期

『佛法の事は急げ急げ』(蓮如上人御一代記聞書)と言われるように、早いほど良く、時期を問いません。根拠のない、つまらぬ迷信にまどわされることはありません。ご先祖をおまつりするのが悪いことであるはずはなく、むしろ、今現在、健康で幸せな生活ができるのもご先祖のおかげであることに感謝し、ご先祖をまつるお家である仏壇を一日も早くきれいに整えてあげることこそ、最高の供養になるのです。

仏壇を安置する場所と方向

一家の中心となる仏壇は、やはりできるだけ上(かみ)の部屋へまつりたいものです。不浄な所や、階段の下など人が上を歩くような場所は避けるようにしましょう。もし、上を歩かざるを得ないような場合には、仏壇の真上の天井に『雲』とか『天』と書いた貼紙をして、仏様にお断りをしておきます。仏壇をまつる向きについては、諸説あり、特別な定めはないようです。しかし、お寺の本堂が東向きや南向きが多いということを考えると、東または南向きが理想のようです。

仏間の寸法

大きな仏間で、前巾1間(内法1.7メートル)、高さ五尺八寸(約1.75メートル)、奥行三尺(約0.9メートル)というのが標準の寸法です。いわゆる一間仏間です。高さや奥行は一間仏間と同じですが、前巾の狭い四尺仏間(内法1.2メートル)、三尺仏間(前巾内法0.8メートル)等もあります。既製の仏壇は、前述のような仏間に合うような寸法で作られています。したがって、でたらめな寸法の仏間をつくってしまうと、それに合う仏壇がないということになります。例えば仏間の高さが足りない場合。仏壇はふつう、正座をして拝むのにちょうど良い高さに作ってありますので、仏間の床を上げすぎたり、地袋をつけたりすると、バランスのとれた格好の良い仏壇は入りません。また、奥行の足りない場合。前巾や高さが十分であっても奥行の浅すぎる仏間には、仏壇を安置できません。奥行のないうすっぺらな仏壇は、ほとんどないからです。そのようなことにならないよう、仏間を作る時には、中に入れる仏壇の寸法をまず念頭において設計して下さい。
※尾張地方では高さ七尺(約2.1メートル)の仏間もあります。

仏間例

  • 一間・四尺仏間一間・四尺仏間
  • 三尺仏間三尺仏間
  • 地袋付仏間地袋付仏間
仏間寸法 前巾 高さ 奥行
一間(六尺)仏間 168~172cm 176~180cm 80~91cm
四尺仏間 110~124cm 176~180cm 80~91cm
三尺仏間(半間仏間) 75~81cm 165~180cm 80~91cm
地袋付き三尺仏間 75~81cm 120~145cm 50~91cm