神具

神棚

神棚

神棚は古くは祭のたびに設けられていましたが、明治以後お仏壇が各家庭に普及してくるようになると、神棚も常設されるようになりました。
神棚はお仏壇と共に生活のまつりごとの中心であり、心のささえとなるものです。清浄で静かなところ、もしくは 明るく親しみやすいところを選んで奉安します。たとえば、普段よく家族が集まる居間の鴨居などに棚板をつくり、その上に白木の祠殿を、南または東向きにま つります。二階のある家は、なるべく人が踏む場所の下にならないようにし、もし適当なところがないときは、神棚の上にもう一枚板をはったりします。
なお、お仏壇と並べるときは、お仏壇は私的なもの、神棚は公的なものですので 同じ高さにせず神棚の方を少し高くするのがしきたりとなっています。
農村などでは、他に恵比須棚や荒神棚、稲荷などの特殊信仰の縁起棚も多く見られます。

神棚のまつり方

神棚は一家の精神的中心となる神聖なところです。清浄で静かな高いところ、または家庭で親しみやすい明るい感じのところに、南または東向きにおまつりします。

神札のおさめ方

最上位である正面中央に伊勢神宮、向かって右に産土神、氏神、左に信仰する神社の御神札をまつります。また神棚が小さいときは中央に信仰する神社の御神札を重ね、一番左に伊勢神宮の御神札を置きます。
御神札は毎年新しく受け、古い御神札は近くの神社に持っていって焼納してもらいます。

お供え物

神棚には毎朝洗米か、ご飯、水、塩を供えます。また毎月1日と15日、そして正月やお祭りなどの特別なときには、神酒や、餅、野菜、魚類などの神饌、初穂などを供えます。
さかきは枯れないうちに取り替えるようにしてください。

神拝の作法

神拝の前に手や口を洗い清めてから、神前に進み、軽くお辞儀をして、つぎに二回深く頭を下げ(二拝)、祓詞と神拝詞、唱詞を奏上します。このとき思っていること、お願いしたいことを心の中で祈念しても結構です。
それから再び二拝して、二回手を打ち、一拝した後軽くお辞儀をして神前を退きます。また神拝詞を奏上しないときは二拝、二拍手、一拝します。
この神拝の作法は神棚だけでなく、神社で神拝するときも同じです。